• カレンダーのアイコン ご予約はこちら
  • 電話のアイコン 03-6876-4347

坐骨神経痛でお悩みの方へ

  坐骨神経痛でよくあるお悩み

  • 歩いた後に
    お尻や足が
    しびれる

  • 慢性的な
    腰痛に
    悩まされている

  • 長時間
    同じ姿勢で
    いられない

  • 腰を動かすと
    しびれが
    強くなる

腰の痛みやしびれが伴う坐骨神経痛ついて

腰痛に伴いお尻や足にしびれや鈍痛を感じる症状がある場合、坐骨神経痛である可能性があります。

 

坐骨神経痛は神経症状であり、日常生活の習慣によっては誰にでも発症しうる症状で、症状によっては改善に長期間を要することもあります。

 

こちらでは、坐骨神経痛の特徴や原因、対処法・予防法についてご紹介します。

 

坐骨神経痛でお悩みの方へおすすめのメニュー Recommend Menu

坐骨神経痛の原因や症状について

坐骨神経痛とは、お尻のあたりから太もも、足先にかけて痛みやしびれが生じる症状です。

名前の通り、坐骨神経と呼ばれる神経が何らかの原因によって乱れてしまうことで発症すると言われています。

では、坐骨神経が乱れてしまう原因には、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

こちらでは、坐骨神経痛の原因や症状の特徴についてご紹介していきます。

 

【坐骨神経痛が起こる原因について】

 

坐骨神経痛は、腰付近から足先に向かって位置している大きな神経に刺激が加わっていることで生じる症状です。
主な原因には、次のことが挙げられます。

・腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間から飛び出したゼリー状の髄核によって神経が圧迫され腰の痛みや足のしびれを引き起こす症状です。
主に中高年の方によくみられる症状ではありますが、若い世代にも発症することのある症状です。
医療機関ではレントゲン検査やMRI検査で症状を発見することができます。

・脊柱管狭窄症

背骨には脊柱管という神経の太い束が走行している空間があり、この脊柱管が狭くなることで中に位置している神経を刺激してしまい痛みやしびれを生じさせます。
脊柱管狭窄症の主な原因は、加齢であるといわれています。

・日常生活での疲労や負担

過度の労働や身体を酷使することによって腰周りの筋肉が硬くなってしまうと、神経を圧迫し血流が悪くなってしまうことがあります。
とくにドライバーデスクワーカーといった長時間の座り仕事の方に多くみられ、日々の疲労の蓄積などでそのような症状を引き起こすことが多いです。

 

【坐骨神経痛の症状について】

 

坐骨神経痛は、神経が圧迫されることで起こる神経症状です。
腰や脚まわりにしびれや痛みを伴うことが多いですが、他にどのような症状がみられることがあるのでしょうか。
こちらでは、坐骨神経痛でみられる主な症状についてご紹介していきます。

・腰の痛み

坐骨神経痛を発症すると、腰に鈍痛動作痛を引き起こすことがあります。
腰を反ると痛い、かがむと痛いといったように、腰の動きに関連して神経が圧迫され痛みを出すとされています。

・お尻から足にかけての痛み

坐骨神経は腰から始まり臀部を通過した後に足にかけて分布する神経です。
臀部や太ももなどの筋肉に緊張がみられる場合、それらの場所で腰と同様の痛みを引き起こすことがあります。
これらの痛みは身体の深部に感じる鈍痛であることが特徴です。

・お尻から足にかけてのしびれ

坐骨神経痛は神経症状であるため、神経の圧迫によって支配する領域にしびれの症状を引き起こすことがあります。
坐骨神経痛の場合、おしりや太ももの裏、すねや足先といった部位にしびれを感じる場合があります。
また、腰や股関節を動かした際にしびれが増強することもあると言われています。

・感覚の異常

坐骨神経が圧迫されることで、触れられた際の感覚が鈍くなることがあります。
神経の圧迫部位や程度によっては、明らかに左右で感覚が異なることもあります。

坐骨神経痛を悪化させないための対処・予防法

坐骨神経痛のような神経による症状を改善するためには、神経症状の根本となっている部位に適切な対処を行わなければなりません。

そのため坐骨神経痛を引き起こす際、原因となりうる部位に対して対処を行う必要があります。

こちらでは、坐骨神経痛を起こさない、悪化させないための対処・予防法についてご紹介していきます。

 

【坐骨神経痛の対処法について】

 

坐骨神経が筋肉によって圧迫されているものであれば、圧迫の原因となっている筋肉の緊張を緩和することで症状の改善が期待できます。

ここでは、坐骨神経痛の対処法についてご紹介していきます。

・腰やお尻のストレッチ

腰やお尻の筋肉をストレッチする際には、仰向けになり下半身をゆっくりと左右に捻る方法があります。
身体を捻る際、膝を少し膝を曲げておくとお尻の筋肉をしっかりと伸ばすことができます。
痛みを感じる際に効果が期待できますが、症状の予防としても有効であるといわれています。

・ハムストリングスをストレッチする

太ももの裏にあるハムストリングスを緩める際には、立っている姿勢で腰に痛みがない場合、身体を前に倒すことでハムストリングスからふくらはぎをストレッチすることが可能です。
自宅で行う際には脚を伸ばした状態で床に座り、手で足を掴むように身体を前に倒すことでストレッチの効果が期待できます。

・腰やお尻を温める

電子レンジで温められる湯たんぽや、冬場ではカイロなどを使って、腰周りを温めることで筋肉の緊張が和らぎ血流を促進する効果が期待できます。
また、入浴時にゆっくりと湯船に浸かることも効果があるとされます。

 

【坐骨神経痛の予防法について】

 

坐骨神経痛を発症してしまうと、しびれや痛みから日常生活にも支障をきたすことがあります。
そのため、そのようなつらい思いをしないために日頃のケアが大切です。

こちらでは、坐骨神経痛に効果があるとされる予防法についてご紹介していきます。

・適度な運動

筋肉を使用しないと筋力が低下するほか、筋肉の柔軟性も低下することがあります。
そのため、日頃から少しでも身体を動かす習慣をつけることをおすすめします。
ウォーキングラジオ体操など、手軽に始められるものから行ってみてはいかがでしょうか。

・筋肉の柔軟性を保つ

筋肉が硬くなってしまうと神経を圧迫する原因となるため、ストレッチ入浴などをしっかりと行い、筋肉の柔軟性を維持することをおすすめします。

・姿勢改善

姿勢が悪いことで背骨の湾曲が強くなってしまうと、筋肉による圧迫だけでなくそのほかの病気のリスクも高くなると言われています。
そのため、日頃から猫背にならないよう意識し、背中や腰にかかる負担を減らす工夫をすることをおすすめします。

西村スポーツマッサージ仙川院の【坐骨神経痛】アプローチ方法

坐骨神経痛とは、お尻から太もも裏、ふくらはぎ、すね、足まで伸びている「坐骨神経」が圧迫されることで生じる神経痛です。
坐骨神経は非常に太い(鉛筆の太さと同じくらい)神経であるため、圧迫や刺激を受けやすく神経痛の中で多くみられる症状とされています。

主な原因としては「腰椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」が挙げられます。

まず、椎間板ヘルニアですが、椎骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている「椎間板」が後方に飛び出すことで神経を圧迫している症状です。
前屈みになることでお尻から足にかけてのしびれが増長されるのが特徴です。

力仕事や前屈み動作の繰り返しが、ヘルニアになる原因として考えられています。

症状が出始めた急性期はマッサージをするとかえって悪化する場合があるので、鍼灸施術ハイボルテージなどの物理療法で痛みやしびれの抑制を目指します。

症状が落ち着いてきたり、慢性的な場合はマッサージストレッチ鍼灸施術で筋肉の緊張を緩めます。
姿勢不良が原因となる場合があるので、身体の土台である足のアライメント(骨配列)を整えるためにインソール作製をご提案する場合もあります。

著者 Writer

著者画像
院長:西村 航(ニシムラ ワタル)
1979年12月18日生まれ
東京都大田区出身
B型
 
   

当院のご紹介 About us

院名:西村スポーツマッサージ仙川院
住所〒182-0002 東京都調布市仙川町1-12-25フジマンション 201号室
最寄:京王線仙川駅より徒歩4分ほど
駐車場:なし
                                                                   
受付時間
10:00~
~21:00
※時間外も応相談
不定休

【公式】西村スポーツマッサージ仙川院 公式SNSアカウント 西村スポーツマッサージ仙川院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西村スポーツマッサージ仙川院 公式SNSアカウント 西村スポーツマッサージ仙川院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】西村スポーツマッサージ仙川院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中