腰痛を治すならマッサージ?体操?トレーニング?

腰痛を治すならマッサージ?体操?トレーニング?

東京調布市の西村スポーツマッサージ仙川院の西村航です。

日本人の現代病とも言われている腰痛ですが、多くの人が大なり小なり経験したことがあると思います。

腰痛や腰の張りを感じた時に皆さんはどうしていますか?

次のどれかに当てはまると思います。

  1. 無理せずのんびり過ごす(ゴロゴロする)
  2. 自宅でストレッチなどをする
  3. マッサージ、整体、接骨院などに行く
  4. ジムで運動をする
  5. 耐える

いかがでしたか?

ここで注意が必要なのは"3"と"5"です。

腰痛は耐えずに助けを求めて

腰が痛いけど仕事や育児が忙しいからと耐えている方がいます。

腰が痛いので姿勢も悪くなります。

姿勢が悪いまま生活をした結果、本当に動けなくなったり、坐骨神経痛なども発症してからようやく治療を受けます。

そうなると治療にも時間がかかります。

早いうちに治療すれば良かった、と後悔することになるのです。

電気治療や手技療法、痛みが非常に強ければ痛み止の注射などでまずは痛みを止めて姿勢を正しましょう。

とりあえず整体は危険

「とりあえず駅前の安い整体で長めに揉んでもらおう」と2,980円の整体に行く方は特に注意が必要です。

巷の整体やリラクゼーションのお店は特に資格や免許は不要です。

社内研修を受けたら現場に出られます。

あん摩マッサージ指圧師という国家資格を持っていれば「マッサージ」と標榜できますし、そもそも治療行為が可能になります。

もちろん資格を持っていればもれなく腕が良いなどということはありません。

無資格でも上手い人はいます。

しかし、資格を取得するということは人様の身体を触ることを許されたというスタートラインです。

無資格は運転免許はないけど運転が上手い、が、その結局無免許運転いうことです。

ゴリゴリ強く揉めえばいい?

整体やリラクゼーション、接骨院に頻繁に通っている方が時々私の院にもいらっしゃいます。

そのような方の身体には共通点があります。

とにかく強く押して欲しい。強く押されないとやられた感じがしない。

頻繁にほぐしてもらっているはずなのに筋肉がガチガチに張っています。

これは強く押すことで身体は防御反応を起こして身体を壊されないように守っているためなのです。

そのような状態を作ってしまう原因は

施術者の技術不足

だと思います。

とにかく強く押したり揉んだりすれば、とりあえずお客さんは満足してくれるからやってしまうのですが、根本的な解決にはなっていないことにお客さんも施術者も気づいていないのです。

じゃあどこに行けばいいの?

それは西村スポーツマッサージ仙川院です!

とだけ言ってしまえばただの宣伝にしかなりません。

下記の点を大事にしているところを選ぶと良いと思います。

  • しっかりと今、困っていることを聞いてくれる(問診)
  • 体がどのような状態化をチェックして評価してくれる(触診・検査)
  • 患者側の要望も聞いてくれるが、施術者側の意見や提案もある(施術)

いきなりベッドに寝かせて施術して、施術前後の評価もしないところは間違いなくやめましょう。

マッサージか体操か

表題にもあるこの疑問。

答えは、「両方」です。

ほぐしたり、緩めたりして関節を動かしやすくしておいて、その状態を維持するためのエクササイズやセルフケアが必要です。

すべてをエクササイズで解決できるトレーナーさんもいらっしゃると思います。

緩めて、締める

これが良いと思います。

マッサージでもエクササイズでもいいのでまずは凝り固まった筋肉を緩めます。

関節を動かしやすい状態にして、それをキープするために体に力を入れるようなエクササイズをします。

これを読んでくださった方は、間違ってもゴリゴリの無暗な強揉みに依存しないで肩こり、腰痛を改善していきましょう。

ご質問、ご相談はLINEまたは下記のフォームからお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。