肩こり、腰痛に保険証が使えるのは病院だけって知ってますか?

肩こり、腰痛に保険証が使えるのは病院だけって知ってますか?

突然、よくわからない質問から始まりましたがとても大事なハナシです。

本題の前にそもそも病院てどんなところでしょう?

選手と話をしていて「病院に行ってきました」と言われ、会話を進めていくと大半は【接骨院(整骨院)】のことで、時々リラクゼーションの整体のことを言っていることもあります。

体に関わる施設と健康保険の利用について分類してみます。

施設 主に治療する人の資格 健康保険の利用
病院・医院・クリニック 医師
接骨院・整骨院 柔道整復師 骨折・脱臼・捻挫・打撲のみ◯
治療院・鍼灸院・マッサージ はり師・きゅう師

・あん摩マッサージ指圧師

特定の疾患のみ◯

医師の同意書が必要

整体・カイロなど 資格不要
リラクゼーション・ほぐしなど 資格不要

いつも痛い腰や膝、肩こりを保険で治すならどこに行く?

答えは【病院】です。

医師の同意書があり、なおかつ保険を取り扱っている鍼灸院であれば【治療院・鍼灸院・マッサージ】でも利用できます。

ここで「あれ?」と思った方は次のことを覚えてください。

接骨院(整骨院)では慢性的な症状に保険は使えない

グキッ! バキッ! グネッ! ドンッ! のようないつ傷めたかわかるような怪我にしか健康保険を接骨院で使うことはできません。

勉強しすぎて肩が凝った、立ちっぱなしで腰が張った、加齢とともに膝が痛くなってきたというものは適用外なのです。

不正をしている接骨院はそこを巧みに病名を変えたりして保険申請をしているのです。

それを知っていて保険診療を受けていたら患者さんも確信犯的に不正受給をしていることになります。

そもそも慢性的な症状を保険治療で治すのは難しい

今でこそ予約制や保険診療をしない接骨院が増えてきましたが、保険診療中心に行っているところだと根本的な治療は難しいです。

なぜならば

「保険診療は数やらないと売り上げが上がらない」

からです。

安い金額でやっている分、1日にたくさんの患者さんを診ないと経営が成り立たないのです。

電気を15分かけて、15分マッサージして終わりという流れが主流かと思います。

そうなるとその日の辛い症状は軽くできても、根本的な問題までクリアできないので通い続けなければならなくなります。

慢性的な症状は西村スポーツマッサージ仙川院にお任せください!

腰痛、肩こり、膝痛など慢性的な問題はどこかに原因があります。

それを見つけ出し、改善していくことが「治る」ということです。

もちろん今の辛い症状も解消させます。

私が長く活動しているスポーツの現場、特に第一線ではスピードが要求されます。

ひとまず今の痛みだけでもすぐに取るということは日常茶飯事です。

痛みなどの問題をひとまず抑えつつ、根本的な原因を改善していきます。

週3回3カ月の約36回、根本的には治らない治療をするより、週1回3カ月の約12回で根本的に治した方が良い事は明白です。

2,980円では治らない

街には多くの60分2,980円のリラクゼーションのお店があります。

「マッサージ」とは表記していません。

「リラクゼーション」「もみほぐし」「ストレッチ」「整体」など表記は様々です。

しかしどれも共通しているのは

医療資格(国家資格)を持っていない

ということです。

3~4年間、専門学校や大学に通い、国家試験に合格した者に厚生労働大臣が発行している「あん摩マッサージ指圧師」の資格を持っていなければ「マッサージ」と表記できないのです。

社内研修を数回受けただけで施術できるお店もあります。

そのようなお店に「治して欲しい」という期待を持って行ってはお店の方も気の毒です。

そこはあくまで「リラクゼーション」のお店です。

体をほぐしてもらうために利用しましょう。

病院、接骨院、治療院、リラクゼーションなど色々な施設があり、一般の方ですべてを理解している方は少ないです。

でも、ご自身や大切な人の健康のためにはどこの施設にはどのような強みがあるのかを知って利用した方がより良いサービスを受けることができます。

それでも迷ったときは西村スポーツマッサージ仙川院にご相談ください。

LINEが便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。