40代女性が痩せたければ肉食女子になろう!

40代女性が痩せたければ肉食女子になろう!

東京・調布市の西村スポーツマッサージ仙川院の西村航です。

「食べないようにしてるのに体重・体脂肪率が減らない」

「運動もして食べる量も減らしてるのに・・・」

ダイエットにチャレンジしたことがある人なら共感して頂ける方も多いと思います。

年齢を重ねてくるとなおさら痩せにくくなっていくのは致し方ない部分もあります。

今まで出会ってきたダイエット中の方、医師などから痩せろと言われて頑張っている方などの多くはこのようなボヤキが多かったです。

これまで私も自己流で色々な方法をチャレンジしてきましたが今一つの成果でした。

体重・体脂肪が多いままだと足腰に負担がきたり、内臓の病気にかかったり、気に入った洋服が入らなかったりと辛い日々を送ることになります。

足腰が痛くて辛い ⇒ 病院に行く ⇒ 痩せろと言われる ⇒ 足腰が痛いから運動できない ⇒ 太る ⇒ 痛い・・・

負の連鎖に陥ります。

ダイエットの成果が今一つな人の共通点

共通点①

頑張ってはいるものの一人で自己流

もちろん自己流がすべて悪いとは言いません。

テレビや雑誌などで知り得た方法や色々なダイエット本を読んで実践して、見事に自分の納得いく成果が出せた人もいるはずです。

そのような人は何事においても自分なりの方法で、誰の指図も受けずにやった方がストレスも少なく成果を出せると思います。

私のようなそうではないタイプの人は

誰かのアドバイスをもらいながら、励まされながら、身体の色々な変化を楽しみながらやっていく

と成果を出しやすいです。

共通点②

栄養の知識が足りていないか、偏っていること

「食べてないんだけどなー。おかしいなー。」と体重計の上で思ったことがあると思います。

糖質制限をしている方は劇的に体重は減ります。

でもそれを維持するには一生、米、パン、麺を食べないということです。

お米の国の日本人としてはかなり過酷なことだと思いますし、お米のようなパーフェクト食材を摂らずして体重コントロールはできません。

糖質制限を止めて久しぶりに米やパンや麺を食べると身体への吸収率が上がっているので、一気に吸収されてリバウンドに繋がります。

朝昼晩の三食は気にしても間食は気にしていない人もいます。

また、米や麺の量をを気にはしていても、炭酸飲料や甘いコーヒー、お菓子を食べている方はなかなか減りません。

小腹がすいてコンビニで菓子パンと炭酸ジュースを買っていては元も子もないです。

タンパク質は身体の何から何まですべての材料

タンパク質が不足すれば体重と共に筋肉も減り、体脂肪率は変わらなかったり、増えたりしてしまいます。

肉、魚、大豆、さらにはお米にもタンパク質は含まれます。

適量なら脂肪になることはありません。

でもここまではなんとなくはわかっていたと思います。

そのなんとなくをしっかりとした知識に変えて、実践できるようになればサポートをしてもらわなくとも簡単かつ健康的に体重をコントロールすることができます。

方法さえわかれば飲み会にだって気兼ねなく行って、罪悪感など感じずに楽しめます。

そのような方法はコチラ↓

『40代の楽して痩せたい女性必見!リスクの存在しない日本初のダイエットメソッド!』

実際にどのような内容か知りたい方はLINEまたは下記までお問い合わせください。