食べてないのに痩せないのはなんでだろ?

食べてないから減らないのです。

2つ目の共通点は

栄養の知識が足りていないか、偏っていること

です。

「食べてないんだけどなー。おかしいなー。」と体重計の上で思ったことがあると思います。

そうなってしまう可能性は

糖質制限または高糖質・低タンパク質・高脂質

が考えられます。

糖質制限をしている方は劇的に体重は減ります。

でもそれを維持するには一生、米、パン、麺を食べないということです。

お米の国の日本人としてはかなり過酷なことだと思いますし、お米のようなパーフェクト食材を摂らずして体重コントロールはできません。

逆に高糖質や高脂質というのは米や麺を気にはしていても、炭酸飲料や甘いコーヒー、お菓子を食べている。

小腹がすいてコンビニで菓子パンと炭酸ジュースを買っていては元も子もないです。

三食は気にしても間食は気にしていない人もいます。

タンパク質は身体の何から何まですべての材料になります。

タンパク質が不足すれば体重と共に筋肉も減り、体脂肪率は変わらなかったり、増えたりしてしまいます。

肉、魚、大豆、さらにはお米にもタンパク質は含まれます。

適量なら脂肪になることはありません。

でもここまではなんとなくはわかっていたと思います。

そのなんとなくをしっかりとした知識に変えて、実践できるようになればサポートをしてもらわなくとも簡単かつ健康的に体重をコントロールすることができます。

方法さえわかれば飲み会にだって気兼ねなく行って、罪悪感など感じずに楽しめます。

そのような方法が気になる、知りたい方は西村スポーツマッサージ仙川院までお問い合わせください。

LINEからが便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。