バスケットボール選手のその体温、問題ないですか?

バスケットボール選手のその体温、問題ないですか?

本来、日本人の平熱は37℃前後とされているのですが、最近、平熱が低い人が増えています。

この基準とされている体温が発表されたのも60年前ですので、そもそもの日本人の平熱が下がっていて36.5℃ぐらいだと思われます。

ここでいう体温が低いというのは35℃台の人を指しています。

ではなぜ体温が高くないといけないのかと言うと、体内の酵素や細胞が活発に動きだすからです。

バスケットボール選手が練習を休む最も情けない理由は

風邪や下痢

です。

情けないどころか、無理して練習に出てきてチームに蔓延させる恐れもあります。

絶対に防げるというものではないかもしれませんが、日頃の手洗い、うがいと胃腸の調子を整えるだけでかなりの予防になります(『バスケットボール選手が風邪をひいたら海より深く反省せよ』)

外から戻ったら手洗い、うがいをすることは簡単にできる予防であり、子どもの頃に親御さんからよく言われたと思います。

これからの季節は、

個人はいかに風邪をひかないでいられるか、チームはチーム内感染を防げるか、

がポイントになってくると思います。

それでは体温についてのハナシです。

次のページ:体温が低くてなぜ悪い?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。