40代女性がダイエットしたければ睡眠を理解しよう

40代女性がダイエットしたければ睡眠を理解しよう

東京・調布市の西村スポーツマッサージ仙川院の西村航です。

人生80年の間、健康寿命も長くありたいですよね。

不調、不都合なく生活するためには考えて生活することが大切です。

生活の質やコンディショニングを語るうえで切っては切れないことがあります。

それは

睡眠の質

です。

人間は、人生を80年とすると25年は寝ていると言われています。

それ以外には仕事や趣味、食事、テレビ、読書、風呂、トイレなどもありますが最も割合が多いのは睡眠です。

そんな睡眠を良質なものにしないと、集中力の低下や疲労の蓄積が進み、仕事や家事の作業効率やパフォーマンスが低下します。

近年、ニュースでも多く取り上げられている過労死なども睡眠時間が少なかったり、浅い睡眠になってしまい、それらの蓄積で体と心が壊れていってしまうことが原因だと言われるほどです。

つまり、睡眠がパフォーマンスだけに関わるわけではなく、怪我や病気にも大きく関わってきます。

反対に、良質な睡眠が取れている人は成長ホルモンの分泌が盛んになり、疲労やストレスからの回復がスムーズになり、免疫力も高くなり病気にかかりにくいです。

人間として睡眠は最も重要なコンディショニングの一つ

です。

では、そんな良質な睡眠をとるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

良質な睡眠をとるためにできること

まず初めにご紹介したい方法は、睡眠に入る際の人間の特徴を生かした方法です。

それは、

寝る直前に手足を温めること

です。

人間は全体的な体温が下がり始めると眠気や睡魔が襲ってきます。

しかし反対に、手足などの抹消部分は温かくなります。

それは、脳の血流量を下げ、手足などの抹消に血が多く流れるような仕組みになっているからです。

いわゆる「頭寒足熱」と言われるものです。

そのため、意図的に睡眠しやすい状態を創ろうと思えば、(頭をあえて冷やす必要はありませんが)手足を温める良質な睡眠がとりやすくなります。

また体温のハナシで言えば、

体温を一度上げてから下げた方がより入眠しやすいので、

就寝時間の1時間前にゆっくり入浴して体を温めること

もポイントになります。

寝る前にお風呂に入れ・・・と言われていた要因は睡眠の質にあったわけですね。

ただ怪我や病気、生理などの体調の内容によっては入浴できない、したくない状態であることもあります。

そんな時には洗面台にお湯をはって手だけでもいいので温めてみましょう。

足湯ならぬ手湯です。

睡眠不足はダイエットの天敵

良質な睡眠は成長ホルモンの分泌を盛んにして、疲労回復や病気の予防に役立つとお伝えしました。

逆に睡眠不足になると

食欲抑制物質レプチンが減って食欲亢進物質グレリンが増える

と言われています。

シカゴ大学の調べでは、寝不足だとお菓子などの甘いものやポテトチップスなどのしょっぱいもの、そしてパンやパスタなどの炭水化物もほしがる傾向があったとのことです(『Sleep loss boosts appetite, may encourage weight gain』)

確かに夜更かしをしていると、お菓子やラーメンなどが欲しくなることがあるのはこれが原因だったのですね。

これは単純に睡眠時間だけの問題ではなく、睡眠の質が低い人も同じような印象です。

私の周りで毎日寝た気がしないと訴えている人は肥満傾向にあります。

睡眠時間の確保と同時に睡眠の質の向上も取り組まないとダイエットは成功しないでしょう。

当然ながら睡眠を妨げるような要因は排除しなければなりません。

一つは、

スマホやパソコンからの強い光を睡眠直前に浴びないようにすること

です。

人間は強い光を浴びてしまうと脳が休息モードに入れなくなります。

しかし今までスマホと一緒に寝ていた人がすぐにそうするのは難しいかもしれません。

そのような人はまずは「布団に持ち込まない」「布団に入る5分前には画面を消す」ところから始めて少しずつ時間を伸ばしていきましょう。

次に寝室の環境です。

これから蒸し暑くなってきますがエアコンの冷気や扇風機の風が苦手だという女性はとても多いと思います。

逆に横で寝ている旦那さんがエアコン大好きという困った状況もあるでしょう。

また、エアコンを使わないようにしましょう・・・と一般的に言われているかもしれませんが、夏場には有効的な使い方があります。

それは、

就寝直前まで室内を24℃ぐらいの設定でガンガンに冷やしておく

という方法です。

これで寝室の壁を冷やしておいて外気から部屋が蒸し暑くなるのを防ぐ効果があります。

その後、就寝時には26℃ぐらいに設定し、2~3時間で切れるようにタイマーをしておけば、エアコンの害を防ぎ有効的な活用ができます。

それと「抱き枕」を使うと熱のこもりやすい脇や股関節まわりに隙間ができて自分の体温から解放されやすくなるのでお勧めです。

ちなみに当院で取り扱っているリカバリーウェアVENEXという商品も良質な睡眠に大きな効果が望めるためおススメです。

体感してみたい方は東京・調布市の西村スポーツマッサージ仙川院までご相談ください(ご相談はLINEからがおススメです)。

無料で貸し出しもしています。

睡眠障害や冷え性も改善して、効率よくダイエットする方法があります(『40代の楽して痩せたい女性必見!リスクの存在しない日本初のダイエットメソッド!』)

こちらに関してもお気軽にお問い合わせください(LINE)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。