40代から感じ始めた膝の痛みは要注意

40代から感じ始めた膝の痛みは要注意

東京・調布市の西村スポーツマッサージ仙川院の西村航です。

皆さんのまわりで立ち上がりや歩き始めで膝が痛くてという方がいらっしゃると思いませんか?

特におじいちゃん、おばあちゃん世代に多いのではないんでしょうか?

そのような方々は整形外科に行くと「変形性膝関節症」と診断されることが多いです。

詳しくはコチラ→『日本整形外科学会HP』

原因は、加齢や使いすぎで関節軟骨が磨り減ってしまうことが主です。

見た目も膝がゴツゴツしてきてO脚が強くなってきます。

レントゲン写真でもこのように変化していきます。(左ひざを正面から撮影したもの)

一番左は正常で右に行くにつれて変形が進んでいます。

症状も動き始めが痛い初期から階段の昇り降りや正座が辛い中期、安静時にも痛く、膝も伸びきらない末期というように変わっていきます。

痛みを感じる部位もレントゲン写真でも想像つくと思いますが、内側に痛みを感じることがほとんどです。

あれ?膝が痛いと思ったら

前述のように動き始め、歩き始めが痛いと感じるようになったらまずは整形外科を受診すると良いと思います。

「まだまだ40代だしちょっと疲れただけ」などと考えていると、あとで後悔することになるかもしれません。

まずはレントゲンで膝がどうなっているかを知ることが第一歩です。

これをして何もなければ安心が手に入ります。

病院で医師の診断を受けている時にやっておいた方が良い事は

レントゲン写真を携帯で撮らせてもらうこと

です。

おそらく定期的にレントゲン検査をするように医師から指示されると思います。

その定期的に撮影したものをご自身でもいつでも確認できるようにしておきましょう。

接骨院や治療院でも治療を受ける場合にこの写真を見せた方が、治療する側も確認できてより安全に治療やリハビリが進められます。

本来ならば医師から「紹介状」などで情報を提供して頂くのが筋ですので、できればお願いしてみてください。

病院と治療院の使い分け

紹介状を医師にお願いしても「リハビリもうちでやればいいじゃないか」となることがあると思います。

しかし保険制度の問題で理学療法士(病院のリハビリの先生:以下PT)が一人の患者さんに費やせる時間は決まっています。

しかも最近の病院に多いのは、患者一人にPTを一人担当させるためそのPTが不在の時はリハビリが受けられないことが増えています。

そのため思うようにリハビリが進まず、困った末に私に相談される方も少なくありません。

当院に通われている方は、医師の定期的な診察とレントゲン検査、ヒアルロン酸注射だけを病院で行い、患部の治療やリハビリ、全身のコンディショニングを当院で行うというように使い分けられています。

当院は健康保険は使えません。

それは接骨院・整骨院も同じです。

よく高齢者が毎日のように接骨院・整骨院に何年も通い続けていますが、本来接骨院・整骨院では、捻挫や打撲などの急性の怪我にしか健康保険は使えません。

毎月のように怪我をしている高齢者が山ほどいるということになるので、それはそれで大きな問題だと考えて対策をすべきところです。

毎日、10分ぐらい電気をかけて、少し筋トレして、10分ぐらいマッサージしてを繰り返しているところがほとんどです。

電気も保険請求するためにとりあえずやらないといけない、マッサージは気持ちいいからやる。

これで治るはずもないですし、治療する側もされる側も本来の目的を忘れているように思えます。

なぜ治療するのか?

患者さんは当然のことながら「痛みをなくしたい」ということが最大の目的だと思います。

そのために毎日のように接骨院・整骨院に通うのでしょう。

しかし、毎日のことでお互いに流れ作業になっていませんか?

しっかりと毎回、患部を評価し、それに適したリハビリと治療を行わなければなりません。

ただ、現在の保険制度内での治療では治療する側もされる側も満足いく内容が行えないのが現状だと感じています。

だから独立開業権のない理学療法士が敢えて開業して、保険外での治療をしているのだと思います。

この変形性膝関節症のような加齢による変性にはしっかりとコツコツ治療していく必要があります。

当院の患者さんの一例

当院に変形性膝関節症と診断され通院されている患者さんの例を挙げます。

50代女性でお子さんも大学を卒業されて子育ても終わり、事務員のパートをしていました。

仕事上、書類の出し入れなどで立ったり座ったりが多いとのこと。

膝の痛みを感じ、近くの整形外科を受診されました。

有名スポーツ選手も多く来院する病院で手術もできる設備が整っているそうです。

そちらの院長先生の診察で「すぐに手術した方が良い」と言われましたが、ご本人は断ったそうです。

その後も定期的にヒアルロン酸注射を打ちに行くも、院長からは冷たくされて会話もなくなったそうです。

どうにか膝を治したいと思っていた時に息子さんが当院を見つけてくださり、受診に至りました。

初診で拝見した際に私はなぜ手術が必要かがわからない程度の膝の状態でしたので、痛みを抑える治療をしつつ、トレーニングを提案しました。

ご本人が月1~2回の通院と自宅でのトレーニングを継続してくれたおかげでかなり改善されました。

そこで私が日本代表時代からお世話になっているドクターにセカンドオピニオンをしてもらいましたが、やはり手術の必要はないとのことでした。

それからは週に何回かジョギングもして、職場までの通勤で一駅前から歩いているそうです。

現在も月に1度は通っていただき全身のメンテナンスをさせて頂いております。

早期の対応が必須!

変形が進んでしまうと、どんなに時間をかけてコツコツと自宅でもリハビリをしてもどうにもならない可能性が高くなります。

上記の方のように早め早めの行動がその後を大きく左右します。

変形が大きくなってしまうと接骨院・整骨院や治療院では対症療法として痛みを鎮めることをメインにしていかざるを得ません。

そして最終的に人工関節を入れる手術をするしかなくなります。

そのように手遅れになる前に

  • 膝の動きがおかしい
  • 動き始めが痛い

などの不調を感じたら早めに整形外科を受診し、その診察や検査の情報を持ってしっかりと診てくれる治療院を受診されることを強くお勧めします!

「どうしようかな?」「どうすべきか」と悩んだらまずはご相談ください。

下記フォームかLINEからどうぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。