アラフォー女性の冷え性は放置すると危険!

アラフォー女性の冷え性は放置すると危険!

東京調布市の西村スポーツマッサージ仙川院の西村航です。

昔から言われている言葉に「冷えは万病のもと」があります。

冷えと低体温はイコールではないですが、低体温の人に冷えで悩んでいる人は多いです。

運動をすれば血液循環も良くなり、冷え性とは無縁と思われがちですが、全くそのようなことはないのです。

スポーツ選手でも冷え性持ちはたくさんいて、手がかじかんで感覚が狂ったり、循環が悪く怪我の治りが遅くなったりもします。

特に気温が下がってくると余計に辛くなりますが、夏場でも悩んでいる人はたくさんいます。

運動習慣の有無は関係なく、誰でもなりうる問題なのです。

今は自覚症状がなくても現代人は誰しもが冷え性予備軍と言えます。

アラフォーの女性はとにかく忙しい!

育児に仕事に家事をこなして、自分にかける時間はないです。

まだ若いからなんとかなる、と思っていたら危険です!

若いうちに冷えを改善しないと大変なことになります。

では多くの病気を引き起こす原因と言われている冷えですが、なぜ冷えてしまうのでしょうか。

冷え性の原因

冷え性の大きな原因は血流の低下です。

ヒトの身体は寒さを感じると毛細血管を収縮させて手足など抹消の血流量を減らし、身体の深部に血流を集中させて生命維持に努めます。

ただ、元々の体温が低体温でなければ、抹消の血流量を下げすぎる必要はなくなります。

血流が悪いということは全身に酸素や栄養、ホルモン、免疫細胞などが届かないということです。

栄養も来なければ、毒素も溜まり、免疫力が低下して病気にもかかりやすくなります。

血流が低下する原因は

・食生活の質が悪く血液がドロドロ

・運動不足や筋肉不足で筋肉が凝っている

・現代社会の様々なストレスによる交感神経優位の生活

が挙げられます。

手足の冷えが悪化して身体の芯から冷えを感じるようになっても、今生活に影響が出ていないと甘く見てしまいがちです。

特に改善策を講じないままにしているとその冷えの陰には生活習慣病が隠れています。

この隠れていた病気が表に出てくる前にどうにかしなければなりません。

前項でもお伝えしましたが、今冷えを感じている人は早急に対応すべきですが、

現代人は今は冷えを感じていない人も冷え性予備軍

です。

冷え性にならないように日常生活を今一度振り返ってみましょう。

・烏の行水やシャワーで済ませず、ゆっくり入浴しているか
・運動不足になっていないか
・日々、イライラや緊張をしていてリラックスタイムがない

このような人は要注意です。

心当たりがあるけど、実際に何をしたらいいかわからない方は西村スポーツマッサージ仙川院までご相談ください(LINE)。

今すでに冷え性の方は急いでください!

すでに冷え性でお悩みの方はできるだけ早く改善のために動き出すことをおススメします。

先ほどもお伝えしましたが、

冷え性の方は生活習慣病という大問題の入り口に立ってしまっている

からです。

歳を重ねれば重ねるほど筋肉量も減り、代謝を始めとしたさまざまな機能が低下していきます。

こうなると負の連鎖に陥って、どんどん病気発症のリスクが増していきます。

万が一発症し治療、通院さらには入院、手術などになると仕事や趣味や楽しいことにかける時間が減り、生活の質(Quality Of Life)の低下にも繋がってしまいます。

東洋医学には「未病治」という考え方があります。

「未病」とは「健康」と「病気」の間を指しています。

現代で言うと「予防医学」に当たります。

「冷え」という万病のもとを改善するのには食生活の改善や鍼治療、運動が最短距離の方法です。

運動は苦手という方でも体質改善できる【アロマ鍼ダイエット】という運動しないダイエットプログラムを開発しました。

どのようなプログラムかはこちらの記事をお読みください。

『40代の楽して痩せたい女性必見!リスクの存在しない日本初のダイエットメソッド!』

まだ若いから大丈夫と思って無理をしている間にも身体はどんどん悪くなっています。

なんとなくの不調が、症状に変わる前にアクションを起こしましょう!

ご興味のある方はまずはお問い合わせください(LINE)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。