育児中のお母さんこそしっかり入浴して疲労回復に努めましょう!

育児中のお母さんこそしっかり入浴して疲労回復に努めましょう!

東京調布市の西村スポーツマッサージ仙川院の西村航です。

子育ては過酷だとよく言われますが、その通りですよね。

楽しい時も嬉しい時ももちろんあるけど、大変なんですよね。

私もできるだけ奥さんの負担を減らそうとはしていますが、まだまだだと思っています。

世の父親はちょっと育児に協力すれば「イクメン」とおだててもらえ気分良くなっていますが、それに対してお母さんたちが冷ややかな感情を抱くのも無理ないと思います。

私も心当たりしかありません。

少し話が逸れましたが、睡眠時間も削り、自分の時間もほとんど無いお母さんこそ、スポーツ選手以上にリカバリー(疲労回復)に注力しなければなりません。

最も質を高めるべきは睡眠

怪我や病気を治すのに最も大切なのが睡眠です。

睡眠中に身体を修復したり免疫力を強くする「成長ホルモン」が出てきます。

このホルモンがたくさん出ることで疲労回復も早くなったり、病気になりにくくなります。

日々の育児・家事疲れを少しでも回復するためにも睡眠はとても大切です。

また、育児中に起こりやすい腱鞘炎や腰痛、肩こりなどの回復にも成長ホルモンは働いてくれます。

成長ホルモンをたくさん出すためには?

ではそんなに重要なホルモンでも分泌される量が少なかったら、効果も期待できないです。

しっかりと分泌させるためには睡眠の質がカギになります。

〇時までに寝ないとダメとか長く寝ないとダメというハナシでしたら、その時点で育児中のお母さん方は諦めてしまいますよね。

確実に〇時に寝るというよりは気づいたら寝てることもあると思いますし、夜泣きや授乳で連続した睡眠時間なんて卒乳するまでの約2年は無いに等しい・・・

そんな過酷な時期でもお母さんが元気でいることが家族の元気につながると思います。

家族の元気にも繋がる睡眠の質の上げ方とは?

睡眠の質と言うのは深い眠りと考えてください。

深い眠りをするためにぜひ意識して行って欲しいことがあります。

それが「入浴」です。

人は体温が下がるタイミングで眠気が強くなります。

その"体温が下がる"という状況をしっかりと作るために、入浴で"体温を上げる"ことをします。

  • 熱くもぬるくもない「あったか~い」と感じる温度
  • 全身浴
  • 10分以上

アロマオイルや入浴剤でさらに心身ともにリラックスできるとなお良いです。

「こんなこと旦那さんの帰りが遅いからできるわけがない!」と思われた方もいらっしゃると思います。

せめて旦那さんがお休みの日でけでも協力してもらいましょう。

旦那さんもお子さんと一緒にお風呂に入れる時期なんてそんなに長くないので、積極的にその役割をされることをおススメします。

寝不足や疲労、肩こりなどが強すぎるという方は一度、ケアした方が入浴の効果も感じやすいです。

お子様が一緒でも気兼ねなくケアを受けられる完全個室、完全予約制の西村スポーツマッサージ仙川院(LINE)がおススメです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。