バスケットボール選手は基礎的なトレーニングをきちんとやりこもう!

バスケットボール選手は基礎的なトレーニングをきちんとやりこもう!

バスケットボール選手であれば、誰しもがレギュラーを勝ち取り、より大きな大会で活躍したいと願うものです。

そのため、誰でもバスケットボールの練習を来る日も来る日も行っていると思います。

しかし、自分の望んだ結果が得られずに悶々とした日々を過ごしている選手がたくさんいると思います。

本日の記事では、そんな選手の一つのヒントになることをお伝えしたいと思います。

基本的に、レギュラーになるにしても、試合で勝つにしても、競争相手、つまりライバルが常に存在しています。

つまり、

バスケットボールが上手くなるとはライバルに勝って差をつける

ということです。

そのため、バスケットボールを上達するためには、ライバルと同じことをやっていても意味がありません。

ライバルよりも練習時間を増やすというのも一つの手かもしれませんが、そんなことは誰でも思い浮かんでいますし、必ずしも練習時間を増やしたからといって上手くなりません。

つまり、

バスケットボール選手がバスケットボールの練習をするのは当たり前

だということです。

「自分は練習をたくさんやっているんだ」は自慢にもなりません。

もちろん上達する根拠にもなりません。

また、近年では動画サイトが流行ったため、NBA選手の練習風景などが容易に入手できるようになり、ドリブルやハンドリングの練習を一生懸命にやっているお子さん(やらせている親御さん)も多いようです。

もちろんこれも否定はしません。

むしろやる時間があればやるべきことでしょう。

ただ、これもバスケットボール選手なら皆がやっています。

では、何をやればライバルに差がつけられるでしょうか。

いくつか考えられますが考えられますがバスケットボール選手も指導者も陥りがちなことをお伝えします。

>次のページ:最新のトレーニングを教えてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。