正月太りなんて怖くない

正月太りなんて怖くない

年が明け、そろそろ仕事が始まろうとしていて憂鬱な方も多いと思います。

それと同時に休みなのに休んだ気がしないぐらい身体が疲れている、重く感じている方もいると思います。

その原因は

運動不足と暴飲暴食

ではないでしょうか。

仕事に行くだけでも多少の運動になっていたのに、家から出ることもしない期間になっていたらそれだけで運動不足になります。

なにもランニングや筋トレをしなければならないと言っているのではありません。

日常生活として買い物したり、洗濯物を干したり、落ち葉掃きするだけでいいのです。

それすらもやる気が起きない、やりたくない方は

入浴をして体温を上げる

ということを意識的に行いましょう(『バスケットボール選手が低体温をなめていると痛い目しか見ない』)

こたつに入って一日中テレビを見ているのも良いですが、1日に1回ぐらいは血液循環を上げる行為を行いましょう。

寝っぱなしは筋肉や関節が固まって、余計に活動することが億劫になり、余計に余計に仕事に行きたくなくなってしまいます。

そしてさらに動く気持ちを阻害している要因に

暴飲暴食による胃腸疲れ

もあります。

これは正月だけでなく、忘年会もしくはクリスマスぐらいから始まり、この後の新年会がすべて終わるまでもう少し頑張らなければならない

胃腸や肝臓にとっての修行期間

のようなものです。

しかし修行は心や身体にとってプラスになる何かがありますが、

胃腸や肝臓にとってはダメージでしかない

のです。

忘年会や正月の集まり、新年会は楽しくて、それを楽しみにしている方もいると思います。

もちろん逆に楽しみではないうえに参加せざるを得ず、心にとっても修行になっている方もいると思います。

この期間で身体にいつもと違う変化がないかチェックした方が良いです。

  • 背骨の両脇、背中のどこかがいつもより張っている
  • 手足の冷えを感じる
  • 足の親指と人差し指の間から足の甲にかけて押すと痛い
  • 耳が硬くて押したり曲げたりすると痛い

チェック項目は他にも色々ありますが、この辺りがあると内臓はなかなかお疲れです。

もし該当する場合は西村スポーツマッサージ仙川院までご連絡ください(LIINE)

鍼灸治療がとても効果的です。

年末年始のように決まってイベントが増える、夏場に薄着になるなど事前にわかっていることはたくさんあると思います。

そこに合わせて体重をコントロールすれば、気兼ねなく楽しむことができます。

体重コントロール術を会得しましょう。

その方法はコチラ(『ダブル国家資格者による徹底サポートダイエットメニューを始めます!』)です。

冷え性などの太りやすい体質も改善しつつ、ダイエットできる画期的なプログラムです。

一生涯使える知識と方法を会得して頂きます。

楽しむときにしっかりと楽しでも大丈夫だという裏付けのある自信を獲得しませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。