バスケットボール選手の周りは禁煙区域

バスケットボール選手の周りは禁煙区域

平成29年のたばこ産業による喫煙者率調査によると成人男性の平均は28.2%、成人女性の平均は9.0%です(『最新たばこ情報(JT調査)』)

リンク先の表を見て驚いたのですが、昭和41年ピークで成人以降の全年齢で男性83.7%、女性18.0%の人が喫煙をしていました。

ピークと比べるとかなりの減少ですが、スポーツの現場ではまだまだ多いと感じています。

一昔前は町のそこら中で喫煙できていましたが、今はコンビニや設置された喫煙所と居酒屋、パチンコ屋が主な喫煙場所でしょうか。

とにかく灰皿がないところで吸う人はほとんど見かけなくなりました。

日本人のマナーの良さとでも言うべきでしょうか。

最近ではプロでも大学生でもバスケットボール選手で喫煙する選手はほとんど見かけなくなりました。

恐らくタバコが有害だと子どものころから教えられて育っているからではないでしょうか。

それに喫煙者であっても他人の吸うタバコの煙は嫌なものです。

それが非喫煙者ならばなおさらです。

あの煙が好きな人はいない

ということです。

吸っていても、吸っていなくてもご存知かと思いますが、タバコの害についておさらいしましょう。

次のページ:タバコは百害あって一利なし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。