バスケットボール選手はアカスリを使うな

バスケットボール選手はアカスリを使うな

以前に『活躍し続けるバスケットボール選手ほどクールダウンに時間を費やす』でもお伝えしてきましたが、バスケットボールという競技ほどクールダウンをしない競技はないと思います。

その理由は

体育館の利用時間ぎりぎりまで練習をしているから

です。

それはなぜかというと練習が長いからです(『バスケットボールはやっぱり練習が長い』)

練習が終わったら急いで体育館を出なければならなくなり、クールダウンなどしている時間がありません。

帰ってからやればいいというハナシになりますが、ほとんどの選手はやりません。

なぜクールダウンが必要かというと衣服についた汚れと近いところがあります。

衣服の汚れは時間が経てば経つほど落ちにくくなります。

時間が経って落ちにくくなった汚れを落とすには労力がかかるため、ただでさえめんどくさい気持ちに輪をかけてやる気がなくなります。

疲労もまた同じです。

しかし、衣服の汚れと疲労では決定的な違いがあります。

それは、

衣服は汚れれば買い替えれば良くても、身体に替えはきかないこと

です。

つまり、疲労がたまり、限界がくれば慢性的な障害を起こしやすくなります。

簡単に言えば故障しやすくなります。

試合で負けたり、失敗して落ち込んでクールダウンをしっかり行わない選手をよく見かけます。

逆に勝利の喜びでおしゃべりに夢中になって集中できていない選手も多いです。

疲労が残ったり、痛みがあっても試合はまた来ます。

身体を整えておかなければまた落ち込むことになるでしょう。

>次のページ:なぜアカスリはダメ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする