冷えは万病のもと

冷えは万病のもと

昔から言われている言葉に「冷えは万病のもと」があります。

こちらの記事でも度々、低体温に関する内容をお伝えしてきました(『バスケットボール選手のその体温、問題ないですか?』)

冷えと低体温はイコールではないですが、低体温の人に冷えで悩んでいる人は多いです。

運動をすれば血液循環も良くなり、冷え性とは無縁と思われがちですが、全くそのようなことはないのです。

スポーツ選手でも冷え性持ちはたくさんいて、手がかじかんで感覚が狂ったり、循環が悪く怪我の治りが遅くなったりもします。

特に気温が下がってくると余計に辛くなりますが、夏場でも悩んでいる人はたくさんいます。

運動習慣の有無は関係なく、誰でもなりうる問題なのです。

今は自覚症状がなくても現代人は誰しもが予備軍

と言えます。

では多くの病気を引き起こす原因と言われている冷えですが、なぜ冷えてしまうのでしょうか。

>次のページ:冷え性の原因

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする